No.0 Hint

Enigmaの解析が進み、幾つかの事実が判明した。

未だ立ち向かい続ける者達よ、以下の情報を基に難解なる謎へ鉄槌を振るえ。

Wave1で詰まっている

2番の問題が解けない 非検索謎です。このままで解くことが可能です。
もっと 「-1」という表現から、左の言葉たちにそれぞれ「前に戻す」もしくは「1つ減らす」といった行動を行ってみましょう。
もっと 「きょう」は「今日」、「ここのつ」は「九つ」、「しー」は「C」、「い」は「い」です。
4番の問題が解けない 検索謎です。どう検索すればいいかを考えましょう。
もっと 「分離、独立、優性」で調べると、とある法則がヒットするはずです。
もっと 「TAKAYO MIYU MIZUHO MAIKO」は、それぞれとあるバンドのメンバーであるようです。
もっと 出てきた言葉を繋げて調べましょう。ある音楽家がヒットするはずです。その人の作品を調べてみると、恐らく見知った曲が見つかるはずです。
もっと 「ケッヘル」で調べましょう。「ケッヘル番号」がヒットするはずです。下の「Op. WoO…」も全て番号の名前です。それぞれ、別々の音楽家に関係があります。
もっと ずばり、その2人の音楽家が作った曲の中に同じタイトルのものがあります。答えは国名です。
6番の問題が解けない これは「ことばの梯子」というパズルです。非検索で解くことが可能な謎ですが、英語が苦手な方は調べてみることをお勧めいたします。
もっと 右にある言葉は(答え)以外は全て、左に入る単語の日本語での意味を表しています。
もっと 一番下には「talk」が入ります。
8番の問題が解けない 検索謎です。「マジカル (画像の植物)」で検索しましょう。とある動画がヒットするはずです。「頭脳×リズム」と書かれたサムネイルが特徴です。
もっと その動画は、どうやらルールに従って言葉を並べる遊びを行っているようです。画像と全く同じものが出てきている場所を探しましょう。
もっと 問題を解いている風のイラストは「数学」を表します。
1st stageの問題が解けない 言葉を拾いましょう。「ココ〇〇ーム」という言葉が拾えればそこまではあっています。
もっと 「ココ〇〇ーム」という言葉を検索しましょう。「〇〇の世界に登場するような」という文言と全く同じ言葉が掲載されたページが引っ掛かるはずです
もっと ローマ字はヘボン式です。正しい答えを入力しているのになぁ…という場合は変換サイトをご活用ください。

Wave2で詰まっている

なんか変な画像が邪魔で見えない どうやら、クリア画像の一部が表示されて問題の一部が覆い隠されているようです。仕方がないのでこのまま解く方法を考えましょう。クリア画像に何が書いてあるかは、今は気にしないでおきましょう。
1番の問題が解けない この問題は完璧に解ききることはできません。ただし、このステージの突破に必要な「真ん中の文字」は分かるはずです。
もっと 右上の数字、どうやら「十万、百万、千万、一億、十億」という順番で並んでいるようです。赤字になっている「ミ〇〇〇」の部分はこれで分かるはずです。
もっと 出てきた「ミ〇〇〇」と、「なし ギター」という検索ワードで調べましょう。あるゲームのキャラクターがヒットするはずです。
もっと どうやら「〇&〇」の部分は、そのキャラクターの趣味と特技を表しているようです。では、このゲームの登場人物で、「カラオケ」が趣味かつ、「人の誕生日を覚える…」が特技のキャラクターがいるのではないでしょうか。
もっと それぞれのキャラクターから、どこを拾えば答えが出るのでしょうか。「なし&ギター」のキャラクターは4文字、「カラオケ&…」のキャラクターは6文字のものが、今まさにあなたの目の前にあるのではないでしょうか。そんなに深く情報を漁らなくても大丈夫です。
3番の問題が解けない 非検索謎です。まずは「26」という数から連想されるものを考えましょう。それの3つ目、8つ目、…を拾いましょう。
もっと 答えは国の名前になります。問題の指示文から微妙に見える「日」から推測して日本語にして答えましょう。
7番の問題が解けない 検索謎です。結構見えにくいですが、どう検索すればそれらしいものが出るのかを考えてみましょう。
もっと 「最先端の科学」や「番組」といったところが、かなりクリティカルな言葉になっているようです。
もっと 答えの〇の下の色付きの〇は、それらの文字に付いている色と対応しています。
9番の問題が解けない 非検索謎です。「へほ」と「茶」をよーく見比べてみましょう。「へ」の上にはもう一文字ひらがなが書いてあります。
もっと 「〇へほ」と同じ法則で「いむ」を変換してみましょう。答えは漢字一文字です。国名などに変換せず、そのまま読みましょう。
2nd Stageの問題が解けない 全ての問題が解けたら、1st Stageと同じ要領で言葉を埋めましょう。「あ〇〇〇ぇあ」という言葉になれば正解です。
もっと その言葉で調べてみましょう。英語ではその言葉を、正式には何というかが書いてあるはずです。

LastWaveで詰まっている

5番の問題が解けない ほとんど画像が見えませんが、実はこの画像と、司会の発言を頼りに検索して解くことができます。
もっと 5番の問題の元の画像には、四隅すべてにそれぞれ記号が書いてあるようです。つまり、先ほどまでの問題全てと関連があるのではないでしょうか。
もっと 問題の「答え」にとある共通点があります。「〇〇〇ム」、「〇ト〇」と来て「残り一つ」といえば何でしょうか。
もっと 「キ〇〇〇」が来れば、「世界△△〇〇」になりそうです。
もっと 同じように、残りのものも調べてみましょう。先のヒントの「△△」という言葉を入れるとヒットしやすいでしょう。各問題のアイコンもヒントになります。それぞれ「料〇」「珍〇」「〇〇誌」が関係します。
3rd Stageの問題が解けない 2nd Stageの要領で解きましょう。今度は「頭の文字」です。
もっと 答えは曲名になります。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。